からだ/sen ひらく

タイ古式マッサージは、「セン」と呼ばれるエネルギーラインをしっかりともみほぐします。 センは血管やリンパ腺に沿って点在しているため、センをもみほぐすことは血液やリンパの流れを促進する効果が期待できます。


わたしたちのからだは、疲れが溜まった時 疲労物質をリンパを通じて流すことで疲労からの回復を図ります。また血管を通じて栄養や酸素などを運び 健康な状態を保っていますが、血液やリンパの流れが滞ると 上手く回復することができず さらに疲れやすいからだになってしまいます タイ古式マッサージのセンのもみほぐしによって血液やリンパの流れをスムーズにすることで、疲労から回復するだけでなく、疲れにくい身体を作る効果も期待できます。タイマッサージの後にスッキリした爽快感が得られるのはそのためです。 なお、タイ古式マッサージは股関節や肩甲骨など、固まりやすい部分を集中して施術しますがリンパの流れがスムーズになります。これは覚えればご自分でもできますので、意識的に行うことをお勧めします。 ◎股関節、肩甲骨がやわらかいメリット 股関節周辺には“リンパ節”があるため、柔軟性が低下し筋肉が硬くなってしまうと、血流やリンパの巡りが悪くなります。股関節を柔らかく保つことで巡りがよくなり上半身と下半身の流れも整いやすくなるので、基礎代謝アップが期待できます。 肩甲骨を柔らかくいするストレッチを定期的行うと、肩甲骨をサポートする周辺の筋肉が柔らかくなり血行の巡りがよくなるので、肩こりが軽減され集中力が増してきます。

リンパを流すことによって、大きなメリットは、高血圧や冷え性といった 根本的な不調を改善するという点にあります。 日本ではリラクゼーションという扱いのタイ古式マッサージですが 本場タイではマッサージというよりも医療行為として認知されていて、西洋医学が広く伝わるまでは、身体の不調やトラブルはタイ古式マッサージで処置されることがほとんど。そのため、本場のタイでは、国の保健省が公式に効果を認めていて、中でも高血圧や冷え性、産後ケアには高い効果があると考えられています。 わたしは2003年にはじめてタイを訪れ タイ古式マッサージを知りました。からだの疲れが緩和された経験とそのリラックス効果、施術してくださるマッサージ師の慈悲的なテクニックに魅了されました。いつかこれをみなさんにも体感して欲しくて2012年にバンコクのワットポーマッサージスクールにて技術を学び資格を取ってまいりました。 それから10年経ち、ようやく理想の場とのご縁をいただき、施術の仲間にも恵まれ Senという場所をひらくことができ とても幸せに思っています ただいま偶数月に場をひらいております 開催日などはお気軽にお問い合わせください