top of page

食/eatreat のご紹介


インド発祥のアーユルヴェーダは、個人に寄り添い 揺れて変化するからだと心を癒し、穏やかに心地よい状態へと導く伝統医療。 アーユルヴェーダ料理家 小林静香さんは、こうした人の心身のリズムの調和に欠かせない「食」にフォーカスし、料理を通じて対話するホリスティックケアブランドeatreat.を主宰。

2022年12月、世田谷にアーユルヴェーダ料理店「eatreat.ruci」をオープン。 個人の健康と幸せをサポートするホリスティック・サービスをご紹介しています。 わたしが小林静香さんを知ったのは、 ブックナード店主早坂さんがご紹介していた「からだの なみに のるレシピ」という本から。

「パーフェクトヘルスや、完璧な幸せを求めるのではなく、 自分らしい波の特徴を知って心地よく波を乗りこなす人をサポートしたい」 そんな気持ちで作られたこの本は、 伊藤眸さんのしなやか、のびやかなからだが浮かんでくるようなイラストと、 幡野広志さんの自然をそのまま切り取ったような写真、特に山の写真はポスターを購入するほど好き。 そして小林静香さんの美しい文章で綴られていています。

アーユルヴェーダの食を通して、季節や体温の変化を感じたり、からだの不調や心のバランス、 人生を観察すること、タイ古式整体の学びの途中でもあるわたしにとって、大事なことを気づかせてくれた大事な1冊となりました。 eatreatさんで販売している森のコーディアルと、入浴茶をリタでご紹介することになりました。

◎森のコーディアル 原材料 は、もみ・ヒノキ・黒文字・生姜・レモン・てんさい糖・カルダモンシード


ハーブとスパイスの香りをシロップに移した「季節のコーディアル」 風邪のひき始めはもちろん、眠れない夜にお湯割りにして飲むなどすると、途端に効き目が期待できます。 先日開催したsenタイ古式整体のアフターティーでもお出しましたよ。 ◎入浴茶-ポカポカ-4pc入り 原材料:柚子の葉・よもぎ・葉山椒・ジンジャー・カシア


お茶でも、お風呂でも楽しめる「入浴茶」大きめパック4pcが入っています。 中身をばらして少量を煮出してお茶にしても良いし、パックごと煮出してお風呂に入れてもオススメです。 暑い時期も含めて、毎日の入浴を欠かさず行うことで代謝が良くなり、隠れ冷えや食欲低下、便秘、不眠などが改善します。ハーブとスパイスの力がサポートして、すっきりとしたお風呂上がりを期待できます。

お茶もおいしく楽しめますが、オススメは濃いめに煮出してバスタブに加える「入浴剤」としての使い方。 パックとお水を鍋に入れ煮出し、濃いめのお茶を作ったら、お湯を張ったバスタブにパックごと加えます。 半身浴し、パックを肩に当てたり、おでこに当てて、深く深呼吸するととってもリラックス。ぜひお試しください。



Comentarios


bottom of page