企画展/笑達さん「あわうた」


撮影 佐々木太陽(フィルム撮影・手焼き暗室現像)



11月6日 リタのコケラオトシとして一番最初にお願いしたのが 和歌山の画家、笑達さんこと川井達也さんと、パートナーの川井有紗さん


笑達さんとは6年前に開催した「ウチとソトと」というイベントで似顔絵を描いていただき、その後カシで似顔絵会を開催し毎年岩手に来ていただいていました。 リタの天井の高いギャラリースペースを生かした大きな絵、 手漉きの和紙を繋ぎ合わせた大きなキャンパスに描かれた「たまきはる」 たまきはる 魂きはまる 生命はさかる はざまもなく




手前のベンチに座って見あげると、「庭からの光が透けてまるで教会にいるかのような澄んだ気持ちに成る」と今回、写真の撮影を担当してくれた佐々木太陽くんが話していました。 笑達さんの澄んでいる和歌山のご自宅は 360度自然に囲まれたお山のてっぺんにあり、ある時間に空を見上げると、月と太陽が同時に見ることができるのだそう。確かに笑達さんの絵には 月と太陽をモチーフとした絵が多いように思います。いつもそこにある日常の風景なのでしょう。


陽に祈る 月に祈る

同じ祈りなのに 静と動が感じられます。自然のリズムにあった暮らしと静寂の時間を持つことで、日常生活の静と動のバランスを保つことができるのではないでしょうか。 最近笑達さんは花の絵を描くことも多いのだそう。ストーリーは全て身近なもの、いつも目にしている自然物。幸せをいつも近くに感じているのでしょう。





11月12日(金)13日(土)14日(日)は似顔絵会が開催されます。すでに予約は埋まっていますがお写真のオーダーでしたら承ることができます。ご希望の方はご連絡ください。info@rita.ws 会期14日までは定休日はございません。 お庭から陽が入り自然光の午前中、天窓から光が入る14時頃、灯りを灯す夕方から閉店時間 晴れの日も雨の日も、どれぞれ違った時間を楽しんでいただけます。 お気軽にお立ち寄りください。 写真・佐々木太陽