香/香りの薬局「香薬」





「香りの薬局」の佐々木香織さんとは

これまで何度も何度も会話を重ねてきました。

お互いが次のステージへ進むこと、住居や暮らしについて

自然のこと、植物や木々のこと、宇宙のこと。

香織さんは

1本の精油との出会いで人生が動いた経験から

心が救われる香りを届けたいと

「香りの薬局」というテーマでキャンドルを制作しています。

現在 岩手県八幡平の森にあるアトリエにて暮らしと制作活動、 そして予約制の香りの個人セッションも行なっています。 森からインスパイアされた香織さんから発せられる言葉に ハッとさせられます。

リタでご紹介する香蝋は「香薬」という名前になって5つの香りをご紹介します。

温め、浄化、睡り、創造、可能性


ラベルは香織さんが愛してやまない 帽子作家の苣木紀子さんが 実際に八幡平の香織さんの森に足を運び そこから感じとった5つのイメージを描いてくださいました。




からだを整えたい、と思ったとき まずはこころを落ち着かせ、からだのうちに意識を向ける そんな時間が今の私たちには必要なのではないでしょうか。 1日の始まりと終わり、心を落ち着かせたい時、読書の時間、大切な方への贈り物に。